レディ better べた〜🌸

働き方、生き方を模索する 自己啓発ブログ

あきない世傳 金と銀🌸高田郁

現代を離れ、しばし江戸の町へ

江戸時代中期の世界へ旅しましょう。

 

夢中になって読んでいます。

みをつくし料理帖の高田郁さんの別シリーズ

あきない世傳 金と銀📚です。

(現在は4巻まで発刊)

 

女性の地位が低いこの時代、まして身分も低いひとりの女が江戸時代の大坂で商いの道を志す。

江戸時代、大坂の商いにおいて女人は屋号禁止令、つまり女主人にはなれないという事実。

 

主人公である幸(さち)が奉公人から、持ち前の好奇心と向上心、そのうえ元より備わっていた才覚をメキメキと輝かせ、御寮さんとして店の暖簾を守るお話。

 

そして幸(さち)をとりまく人々がいい〜〜

その才覚をいち早く見出した番頭の治兵衛。

幸を認め、頼りにするお家さんの富久。

幸の手足となり、その才能を支える旦那の智三。

 

私はこういう女性の成功物語にめっぽう弱い✨✨✨もう大好きです💓

チャンスを逃さない、強かな女性の姿が好きです。憧れます。

 

いくら本人に才能があっても、それを理解し力を貸してくれる人がいなければ、何事も成功しないものだということもこの物語が教えてくれます。

 

人と人とのつながり。

この人間の温かい心のふれあいを高田さんは味わい深く描く達人✨✨✨

 

この人間ドラマにすっかりはまり、一気に読み上げてしまいました。

 

商いというものの奥深さ。

利益の追求だけではない、人と人との信頼。

昔の小さな商いには信用が何よりだったのですね。

商売の原点です。

人として忘れてはいけない事です。

 

あーこの先が気になります。

シリーズ第5弾はいつ発売でしょうか?

 

えっ⁈ 発売になってる〜〜!!

ちょっと、ちょっと大変。

今から買いに行ってきます🏃‍♀️🏃‍♀️🏃‍♀️

大失敗ですよ〜〜💦

 

 

                             (⌒-⌒; )  べた〜🌸

 

 

追記

あ〜〜ますます面白くなってきました!

5巻はアイデアが💡面白いように溢れ出す幸の活躍ぶりが際立っています。

お楽しみはあっという間に過ぎて、6巻を待つ私です。 

 

 

 

 

今日もありがとうございました💓


にほんブログ村