レディ better べた〜🌸

強く美しく生きるための自己啓発ブログ

エグゼクティブ・プレゼンスを身につける📚

エグゼクティブ・プレゼンスとは、オーラの事です。

社会的な地位の高い方が持っている品格、

人の上に立つにふさわしい存在感というものです。

 

今日は「一流の存在感」がある人の振る舞いのルール📚

丸山ゆ利絵さんから学びましょう。

とても難しいことのように感じますが、この本を読めば身につきます。

このエグゼクティブ・プレゼンスは、経験値は必要なく

心構えのポイントを押さえることで誰でも取得できるもの。

 

人の立ち振る舞いって、とても大切だと私も日々感じます。

初対面の人に与える印象はもちろんのこと、

同じ職場で働く人との関係にも影響すると思います。

 

こんなことがありました。

同じチームにいる真面目な方のお話。そしてとてもいい方です。

結構めんどうな仕事を引き受け、根気よく地味にコツコツやってらっしゃいます。

しかし、その出来上がった仕事の資料をチームのみんなに渡す時の

彼の所作がいけません。資料を皆さんに投げつけるように放り投げます。

側で見ていて彼は損してるな〜(; ̄ェ ̄)といつも思います。

 

放り投げられた資料はよい出来なのですが、見る気をなくさせます。

結局その資料は見られることなく、フーン( ̄ー ̄) という感じで皆様の脇へ。

彼の立ち振る舞いが彼の仕事を台無しにしてしまいました。

 

人は誰でも自分が一番可愛いし大事です。

世界中の全ての人がそうです💓

自分を大切に思ってくれたり、特別な人のように扱われたりすると

私たちは例外なくその人に好意を抱きます。

 

「一流の存在感」がある人の振る舞いのルールとは、

相手を気遣う心配りや接する態度が一流だということが

この本を読んで理解出来ました⭐︎⭐︎⭐︎

 

具体的に本📚の内容を見てみます。

出来る事を取り上げました。明日から意識して体得しましょう。

 

他人の目で鏡に映る自分をチェック → 全方位から確認

人の印象は.姿勢できまる →  格や余裕が滲み出る

笑顔はとっておきのアクセント → 笑顔は武器として使う

名前を呼びかけるようにする → お茶🍵を出されたらお礼を

陰口や悪口は言わない → ネガティブな事は口にしない

見えない人の支えに感謝 → 何でも当然と思わない

感謝は「認めていること」を伝えるサイン

 

 

こうやって文字に書かれた事を読むと 

そんな事できる〜と思いがちですが、ひとつひとつを徹底している所に差が出ます。

。・°°・(>_<)・°°・。

 

次に一流の人が常識とする会食・接待のルールについて

ポイントをあげておきます。

 

⭐︎  お店のランクだけで会場を選びをするのではなく、

お相手の好みや体調でもてなす場所を決定しています。

⭐︎  店の不手際は、自分の不手際と心得ていて、信頼できる良店を

何軒かおさえています。

⭐︎  会食セッティングする際、スタートは遅くても18時30分

地位の高い方のコンディションを気遣います。

⭐︎  絆を深める事が出来るような話題を選びます。

⭐︎  会食相手に財布を見せず、知らないうちに精算します。

⭐︎  店員や部下にも横柄な態度はとらない。

 

一流の方はおもてなし上手な方ばかり、

先方の気持ちを大切に思う心配りが憎らしいほどです。

 

最後は、一流の成功者の衣服、着こなしについてです。

 

⭐︎  ドレスコードに敏感でお洒落な人が一流。

⭐︎  服装に迷ったらワンランク上の装いを。

⭐︎  成功者の衣服でセルフイメージを上げる。

⭐︎  流行を追いかけない → クラス感が落ちる。

⭐︎  好きな色よりも似合う色を着る。

⭐︎  気持ちを色でコントロールする。

 

ここにも相手を気遣い、気持ちのよい時間を共に過ごすという

意識のもとでの考え方がハッキリ出ていますね。

 

全体的には、感謝のこころを大切に確実にお相手に伝えることを

行動に移していると読んでいて思いました。

その行動が繊細で徹底的だという所が一般の我々と、

一流の方との違いなんですね。

しかし、これから社会で活躍する皆様には大切な心構え💕

 

ほんのちょっぴり気をつけるだけで人間関係がうまくいくなら

やったほうが得というもの。

是非参考にして下さいね。         べた〜🌸

 

スポンサーリンク