レディ better べた〜🌸

自分らしく生きるための自己啓発ブログ

英国 国民投票を終え EU離脱決定🌸

えっ!!!離脱派勝利?びっくりしました

イギリスやってしまいました ((((;゚Д゚)))))))

地方の票が離脱派に大きく貢献したみたいで、、、

移民に対しては勿論のこと、政府に対しても不満パワー爆発!

といった結果が出てしまいました。

 f:id:cocoroha:20160624183514j:plain

日本の株価も急落しましたね。

東京株式市場の終値は14952円 

終値の下落幅は過去8番目だと大々的に報じています。

 

日本経済、いや世界の経済はどうなるのかな?

 

この英国国民の投票結果の発表後、オランダまで投票をやろう!

といいだしましたし、離脱が飛び火するのでしょうか?

なにやら、ニュースではドミノ危機などという言葉も (⌒-⌒; )

 

EUは投票結果をうけ、28日・29日のEU首脳会議で、英国を除く

27カ国の結束を再確認することになっているらしいのですが、不安💧

 

今後どんな段階で脱退がすすむのか調べてみました。

 

大和総研さんの金融市場 レポートvol.69 がとてもわかりやすいです。

www.dir.co.jp/research/report/.../20160620_010991.pdf - このサイト内で検索

このレポートによると、

 

EU 離脱のプロセス詳細(速やかにリスボン条約50 条を行使したケース)

                        (日付は予想)
① 英国が欧州理事会に離脱の意思を正式に告知する(2016 年6 月下旬)
→リスボン条約50 条の行使(告知から脱退協定発効までの期限は2 年間)

②離脱交渉の方針を欧州理事会(英国除く)の総意で決定(同7 月~)

③欧州委員会が英国と離脱交渉を開始 (同7 月~)

④交渉終結後、脱退協定案を欧州議会が単純過半数で承認(2018 年)

⑤欧州理事会が脱退協定を特定多数決(27 か国中20 か国、拒否権発動なし)で合意
(2018 年)
(注)①~⑤まで2 年間を超える場合に延長も可能。ただし全加盟国の同意が必要

⑥英国がEU から正式に離脱(2018 年)

 (出所) 欧州委員会より大和総研作成

 

しかし、離脱派のキャンペーンページには投票直後に

リスボン条約50 条の行使を行う予定はないことを明確にしているため

 

EU 離脱のロードマップ(離脱派キャンペーンが提示)

2020 年までに以下の法案を可決させて脱退に向かう
① 財政法案
 家庭のエネルギー費用にかかる VAT の廃止
② 無料医療制度(NHS)資金目標法案
 EU 離脱によりEU 予算拠出金を資金源として毎週1 億ポンドをNHS に拠出
③ 亡命申請および移民抑制法案
 EU 市民の英国への移動の自由を抑制
④ 自由貿易法案
 EUの共通商業政策をやめ、英国独自の貿易政策策定へ
⑤ 欧州共同体法の廃止(European Communities Act 1972)
 英国において EU 法が優位となる法的根拠の廃止

(出所) 離脱派キャンペーン(Vote Leave)ウェブサイトより大和総研作成

 

という流れになると思われます。

まだまだ決着するまでには、時間がかかりそう。

 

あ~株はしばらく塩づけ、で済むといいのですけど‥‥‥

人間って感情の動物なんですね            

                   べた~🌸