読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レディ better べた〜🌸

時代を読み解き生き残るヒントを、日経新聞やおすすめ本から考える自己啓発のススメ

名もなき池 通称モネの池に感動🌸

モネの代表作「睡蓮」に似ていると評判の池を見にお出かけしました。

 

場所は岐阜県関市の板取という所です。

ステキなアジサイロードを車で一気に走り抜け目的の根道神社へ。

 

曇り空なのがいまいちでしたが、評判の池はとても神秘的でした。

 

f:id:cocoroha:20160716222541j:plain

これは、絵ではありません。スマホで撮りました。加工も一切しておりませんよ。

 

岐阜県は関市板取にある名もなかった池が、

フランスの印象画家で有名なモネの描いた「睡蓮」に似ていると

評判になり、全国から多くに方が見にいらっしゃるそうです。

 

今日はその数5000人。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆びっくりしました。

でも、私を含め皆さん静寂の中で神秘的な池に心奪われ、

とても静かに鑑賞いたしました。

 

「睡蓮」を描いたのは、印象派を代表するフランス画家のクロード・モネ

 1883年、パリ北西70キロのジヴェルニーに移り住み、

1926年に亡くなるまでここで庭造りと絵画の制作に没頭します。

ジヴェルニーの庭はとても有名です、一度は耳にしたことがあるでしょう?

 

そして、モネといえば「睡蓮」ですね。

私達が知っている「睡蓮」は、

オランジェリー美術館の「睡蓮の間」に展示されている晩年の作品です。

モネは「睡蓮」を主題に200点あまり描いています。

 

神奈川県足柄下郡にあるポーラ美術館では、「睡蓮」を主題とした

モネの200点ある中の1点を鑑賞することができます。

 

フランス側財団の許可と協力を得て睡蓮の池を再現した

「モネの庭マルモッタン公園」はこちら。 

北川村「モネの庭マルモッタン ホームページ

 

本物の睡蓮の池はこちらのホームページから 

ジヴェルニー「モネの庭」

 

実際に足を運んで鑑賞したかいがありました。

この神秘的な美しさは言葉では言い表せません。

 

美しいものを見て心の琴線がふるえるとき、

人間の力を超えた何かを感じます。

 

神様からのギフト でした  べた~🌸

 

 

今日もいい一日を過ごされましたか? 

読んで下さってありがとうございました。