レディ better べた〜🌸

強く美しく生きるための自己啓発ブログ

恐れや心配という感情を手放すセドナメソッド🌸

台風一過🌀昨夜の強風に少し寝不足です。

水色の空にぽかぽかと温かいお日さま、久しぶりのお洗濯に心がうきうきしました。

しかし午後からは灰色の厚ぼったい雲に空は覆われ、強い風が吹き荒れて💧がっかり。

 

このコロコロと変わる空模様‥‥まるで人生のようだなと思いました。

人生もお天気も思ったとおりにはなりません。

 

思い通りにならない人生。

予測不可能な人生。

ふと人生について考えた時、私は不安や恐れという感情と向き合います。

やるせなさを感じてしまう事も時々。

人によっては希望が見えなく、絶望している方もあるのでは‥‥

 

こうした感情をどうしたらよいのか?

厄介なネガティヴな気持ちとどう折り合いをつけたら良いのか?

 

今日は人生を変える一番シンプルな方法*セドナメソッド*📚を取り上げてみたいと思います。

きっとあなたの生きるヒントになると思います。

 

 

「手放しの法則」感情を解放することが人生を変えることと書かれた帯文字。

 感情というものを解放するってどういう事?

じっくりと読んでみました。

 

まずはじめに*セドナメソッド*とは

アリゾナ州のセドナに住むレスター・レヴェンソンが考え出した、自分で出来る幸せになるための感情をコントロールする方法です。

 

レスターは人は皆、無限の可能性を持った存在であり、幸せの邪魔をしているのは、それぞれの頭の中に作り上げている制限の概念があるからと考えました。

 

その制限の概念を取り除く方法をシステム化する事に成功し、本人自身もそれまでの不運な状態から成果をあげました。

 

現在もこの考えは多くの人に支持・継承されており、人生を変える成功法として知られています。

あなたも名前だけは聞いた事があるかも知れませんね。

 

この考えを実行する事で、良い人間関係、経済的な安定、充実したキャリア、健康を謳歌するなど様々な効果が表れるというもの。

 

レスター・レヴェンソンが考えたメソッドは、たくさんの方に安らぎや喜び、心の平和を感じながら日々生きる事の幸せ💕をもたらしました。

 

大切なのは内側から自分を変える事。

そうすれば、その変化は永久的に続き、幸せを継続する事が出来るというものです。

 

人がふとしたことで感じる、恐れや心配というやっかいな感情は、身体や心に不調をもたらします。

実際私も、更年期の不安定症があり、娘も今就活で不安定になっています。

 

身体というものは潜在意識とつながって、自分が認知していないところで、思いもよらない不快な症状を引き起こします。

 

自分でも説明のできない不安感。

急な血圧の上昇や激しい動悸。

血の気が引き立っていられないほどの倦怠感

気が狂うのではないかと思うほどの感情。

 

こうしたつらい身体や心の不調も*セドナメソッド*の考えで快調へ‥‥

(試してみる価値はあるでしょう?)

 

では具体的にどうすればいいのか?

 

4つの質問を自分自身に対して行い、感情を手放すというもの。

 

4つの質問とは?

この感情をできるだけ認めることはできますか?

それを手放すことはできますか?

手放しますか?

いつ?

 

これだけです。

 

身体や心の不調に悩まされている人は、感情を手放す事で完治する人が多いそうです。

 

心というものは不思議ですね。

この本を読んで気づいたのですが、心の在り方が大切なのですね。

 

🔸人生の流れに逆らわない。抵抗しない。

つまり、私にはできないという感じ方や思考のことです。

抵抗という感じ方の制限を心から解放する事。

 

🔸人生のあらゆる事で変えたい気持ちを手放す事。

今の状態から変えたいと思う気持ちは、心に今の不快な状態を定着させます。

起こってほしくないと思うことは、心がその状態を望みとして解釈するのだそうです。

変えたいと思わない事。

今の状態から変えたい気持ちを手放す事で、望まないイメージが心から消えます。

 

🔸求める事は欠乏と同じ。持つこととは違います。

お金がもっとほしいと求める感情は、今の状態はお金がないと自分に刷り込んでいるようなもの。

求める気持ちを手放す事で豊かになれます。

 

読み終わり気づいたのは、不安感というものは不安に思うから、心がイメージして不安感を定着させているということになるのでしょうか?

 

こういった恐れや心配・不安という厄介な気持ちを手放すには、

身体や心の不調が訪れた時に

 

1 今のこの気持ちをしっかりと認識する

2 この不快な状態が起こってほしいと私は思ってますか?と自分に問いかける

(思ってないに決まってる💢と思う)

3  この感情を手放しますか?と問う。

(当然手放します、手放したいではない)

4  いつ?と問いかける

(今すぐに!と答える)

 

と繰り返し、自分の潜在意識にわかるように問いかけの訓練をするというものでした。

だんだんと感情を手放すことができるようになるそうです。

やってみる価値はある!と思います。

 

またストレスを感じている心の状態は、

自分の心に余裕がなく、切羽詰まっている状態。

よく時間がない!と悩んでいる方は、その人がそう思っているだけ。

時間を作り出そうと思えばあるのだそうです。

 

時間がない!と思い込んでいることは、その人自身が自分で心に制限をかけている状態

少し余裕を持って、シンプルに考えれば時間はみえてきます。

そう考えることができないから‥‥ストレス状態なんですね。

 

流れに任せてみます。

不調な時は人生の中で時々はあるでしょう‥‥

治したいと思わず‥‥

治したい、この不調を取り去りたいという感情を手放して、さようならしましょう。

 

感情を手放すということに焦点を当てて、訓練することによって自分の感情をコントロールする方法です。

 

今日は心の不思議について考えました。

 

 

                                  べた〜🌸

 

今日ご紹介したのはこちらの書籍です。

 

ありがとうございました。 

  

人気ブログランキングへ   にほんブログ村